Golf Lesson - 4 ボディターンの簡単習得法

0 0
まずは、前回の補足から始めましょう。 


補足1 体重移動の軸

簡単に説明すると、右股関節に乗った体重を左股関節に移動するだけなんです。 

モチロン背骨を軸にして頭を動かさないわけですから、左足のかかとの内側にセットされて

いるボールを打ちぬくと、自然とビハインドボールになってるわけですね。

巷のレッスン書は、「少しスエーしてもビハインドボールで打ちましょう」などと言って

いますが、極力頭を動かさないで大きな筒の中に入ってる状態でスイングすれば、必ず

ボールの後ろを打ってるはずですね?

僕の理論は ” 余計なことをしない、いろんな説に惑わされない ” ですよ。

あくまでもシンプル・イズ・ベストです!!!!  




補足2 左かかと


左かかとは、けしって上げてはだめです。 

左かかとを上げて調子をとってる人がいますが(お年寄りに多いですね)、

かかとを上げるとスエーしやすく、また体の動きがギットン、バットン、

ローリングしてしまいます。

体の捻りを右股関節に受け止めるには・・・ 

実際にやってみてください。 

ネッ! 左のかかと上げないほうがうまくいくでしょ? 

ゴルフはあくまでもシンプルに、いつも同じ身体の動きが出来ることが大事です。




補足3 ハンドファスト


クラブのソールを地面にピッタリつけて構えると、グリップはおへそと左股関節の間に

来るといいましたね?

この状態を ” ハンドファスト ” と言います。

この、おへそと股関節の間に出来た8センチほどの距離が大切なのです。

ボールを打ち抜くと、ボールの先にターフを取ります。

クラブの最下点は、このターフの取れた一番深いところなのです。

このハンドファストの構え方は、いろんなプロ達がボールをダウンブロウに打つときの

構えと解説していますが、これも大きな間違いです。

だって、自然にアドレスしてボールをターゲットに向かってセティングすると、

自然にハンドファストの構えになるんです。

この自然なアドレスが、簡単にボールを捕まえるコツなのです。

シンプルで簡単でしょ?  




 今日のレッスンに入ります 


テーマは、ボディターンの簡単習得法


1 タオルを挟む


まず、タオルを一枚用意してください。

そして、右肘と左肘を脇腹より中心寄りにして ( 女性ならバスとを挟む感じ? )

タオルを挟んでみてください。

ちょうどアドレスした時に出来る ” V 字 ” を壊さないように!

出来ましたか?



2 タオルを挟んだまま9時から3時の動きでワッグルの練習


次に、軽く右左にワッグルしてみてください。

この時に大切なのは、必ず右左・右左・・と体重移動してワッグルすることです。

どんな短い距離を打つときも、手打ちは絶対にいけません。

「 右足に乗った体重を左足に移動する 」これを徹底的に練習してください。

どうですか? 

クラブの動きやグリップエンドが、常に自分のおへそを指してる事に気が付く

でしょう?

ゴルフのショットは、このタオルを挟んだ状態の9時から3時の動きが全て。

トップの位置やフィニシュの位置は、これらの動きに付随したものなのです。

練習場でボールを打つ前に、家で毎日たった5分~10分練習するだけで

クラブの動きがまったく変わります。

クラブヘッドが自分の身体の前で追い越していくのが感じられるようになったら

しめたものです。 

僕は殆ど毎日これをやりました。シングルになった今でもこれだけは欠かせません。


人間は不思議なもので、疲れてくると器用な手を使いたくなります。 

でもゴルフでは、手はあくまでも体についてる一部なんだ、という認識を忘れては

いけません。

この、クラブヘッドが身体の前で走っていく感覚は、サンドウエッジからドライバー

まで全ての動きなのです。


打ち抜いたときに手首を返しなさいとか、ボールとクラブが引き合うとか、

クラブの最下点が左かかとの延長線の上にあるとか・・・

ゴルフ理論ではいろんな事が言われてますが、このシンプルな動きの中に

全てが入っています。

それも、人から言われたんでなく、自分で簡単にすぐに体感できます。

是非試して下さい! 



3 ピンポン球で練習


もし家で練習するなら、穴の開いたピンポン球の練習ボールを売っています。

自宅の居間で目標を決めて打ってみてください。

驚くほど真っ直ぐにボールが跳び出して行きますよ!




名手の格言

ゴルファーのスタイルは、良かれ悪しかれゴルフを始めた最初の1週間に作られるものだ。

ーハリー・バートン -

100キリや90キリの人本当に目から鱗ですね?



ゴルフ言いたい放題

僕の住むオアフ島には、州経営のゴルフコースが5ヶ所あります。
どこかの国のコースと違って、ゴルフは生活の一部です。
朝起きて「あ~いい天気だな、友達誘ってゴルフにでも行くか」って感じで
遊べます。
僕が遊んでいるアラワイCCは、世界で一番プレイヤーが多いコースです。
(ギネスにのってる)
もちろんキャディなんていないし、カートを引いてゴルフ本来の遊びが出来ます。
小腹が空けば、ホットドッグでもかじりながら仲間とワイワイガヤガヤ~~ 
今年から値段が上がって6ドルから18ドルになったけど、それでも世界の憧れの
ワイキキのど真ん中で、ダイヤモンドヘッドに向かってティショットを打つ贅沢を
楽しんでいます。
本来ゴルフなんていうゲームは、ボールをホールに入れるだけの遊びなのに、
何千万円もの会員権を販売したり、未だに小金持ちのスポーツに成り果てている
悲しい国とは大違い。
あのセントアンドリュースさえパブリックコースなのにネッ。
もちろん、あのオールドコースもウェイティングで名前を入れると、その日にプレーが
楽しめるよ(笑)。

ところで、日本ではゴルフプレーをするのにゴルフ利用税なんて贅沢税(?)を
払っているのかな? 
ハワイでは 80 過ぎの元気なお年寄りたちが、手引きのカートを引いて遊んでるって
いうのにね。
特養老人ホームを作るより、元気でスポーツができる環境を作ってあげるほうが、
よほど良いって事に気が付いていない(涙)。何もかもスタンスが違うのかもね?
まだまだ会員権を持つことがステータスだと思ってる輩が多いのなら、
悲しい現実だね。。




ご訪問ありがとうございます。ポチっとひと押し応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ   人気ブログランキングへ

*当記事は無断転載禁止

関連記事
ページトップ